書籍・雑誌

2012年3月 2日 (金)

甘い来世

Photo

予期せぬことは、頻繁に起こります。

ある出来事をきっかけに、この世とあの世が繋がってしまった人間の「再生」の物語・・・

『スウィート・ヒアアフター』 

今年1冊目の読書。

著者が、3.11を経験した全ての生きている人、死んだ人へ向けて書いたものだそうです。

ボクには異次元の何かが見えたり、天の声が聴こえたりするチカラはありませんが、「感じる」ことの出来る人間でありたいと思っています。

「死」とは如何に身近なことなのか、ボクは十代半ばに思い知らされました。

そして今、「生」ということの難しさ、大切さを日々感じています(といっても、ダラダラと遣り過ごしてしまう毎日sweat02反省)

生まれて死ぬまで、どれだけ笑って、泣いて、愛して、愛されて・・・なんとなくでいい、シアワセを感じて。

| | コメント (0)