日記・コラム・つぶやき

2014年1月 2日 (木)

NEW YEAR 2014

Image


Image_2


Image_3


2013年暮れ、14年続いたフレンチレストラン「ミモレット」 が、静にその幕をとじました。

シェフとは5歳からの付き合いで、道は違えど独立・開業の時期もほぼ同じく、これまでの紆余曲折も我が身のことでした。

そんな彼の貫いた"フレンチ"への拘りは、不器用な男の生き様そのものでした。

営業最終日、不意に招待を受けご馳走になった料理は、「残り物だから」という言葉とは裏腹に、
いつもと変わらぬ、心に残る泣かせる味でした。

彼の、料理人としての道はこれからも続きます。

40歳を少し過ぎての武者修行。

再び彼の味に出会う日は、そう遠くないはずです。

HAPPY NEW YEAR!

旅立つ者も残る者も、やっただけの事はある…といえる1年にしよう。

| | コメント (0)

2012年11月17日 (土)

42 GROWING UP

San

草木染作家の和miさんから、素敵なプレゼントが届きました。

和miさんが丹精込めて栽培された菊sanです。

Mi

以前、和miさんちで採れた藍で、お客様宅の暖簾を染めて頂きました。

これが自然な「藍色」です。

ご自分で草花を育てている和miさんならではの優しい色やね・・・

最近、誰かの素晴らしい仕事っぷりに出会う度、大きな感動を覚えると共に、自分はいつからか立ち止まったままなんじゃぁないか・・・と、焦りを感じます。

見渡す限り、ボクの周りには本当に素晴らしいセンスを持った「仕事人」が沢山いらっしゃいます。

ボクが仕事をお願いするのは、試行錯誤をしてくれる人達。

いろいろやって、結果出来ないのは仕方ない事。

最初から「出来ない!」で片付ける人とはお付き合いできません。。。

勿論、自分もそうありたい。

お陰さまで、ボクはお客様からのご注文を通じ、お客様に育てて頂きました。

これは大袈裟でも、おべんちゃらでもない事実。

昔出来なかった事も、この10年超で随分出来るようになったのですが・・・

きっと、誰かに焦りを感じてしまうということは、本当の「マイ・ペース」が掴めていないんでしょうね・・・

ムムム・・未熟者!

42歳の今、胸を突くあの曲。

Pripri

♪忘れるなよ~ いつまでも GROWING UP !

これで最後・・・

しっかりと、ココロに刻みつけてきます。。。

| | コメント (0)

2012年5月30日 (水)

元気玉

2012_05270089

スカイツリー開業二日目、所用で近くを通ったので、折角だからと「Solamachi」に立ち寄ってみました。

「江戸」や「メイド・イン・ジャパン」を感じさせる粋な演出もグーッ!good

混雑をものともしない、人々の元気が溢れています。

我が家の最寄駅から電車で1本という便利さもあるので、ちょくちょく行ってみたいエリアです。

スカイツリーを後に、思い出の地・青砥の『白い牛』さんへ伺いました。

5月10日で1周年を迎えた『白い牛のパン』さん。

遅ればせながら、一言お祝いを言いたくて。。。

震災直後の混乱から始まった、Deep Breath・小林内装・そして白い牛のスタッフやお客様を巻き込んでの奇跡の工事は、かけがえのない経験と思い出を残してくれました。

一年経っても変わらない、美味しいパンと素敵な3人娘。

うん、元気元気!

2012_05270100

スカイツリーからすぐの場所です。

みなさま是非お立ち寄り下さい。

駆け足で下町散策を楽しんだ後には、水道橋の大きなドームに行きました。

『Mr.Children/POPSAURUS 2012』

そう、ミスチルライヴです!

4万超の人々が、光の射す方へココロを一つに向けた瞬間、白くて大きな「元気たま(ご)」が宙に浮きました。(詳しくはライヴビデオなど観てください!)

この日一日、どこにいても、笑顔に出会ってしまった。

なんか、いいなぁ・・・

オラ、みんなの「元気玉」を勝手にもらったぞ。

| | コメント (3)

2012年5月17日 (木)

いくつかのこと

季節の変わり目のせいか、このところ体調が思わしくなかったのですが、ようやく本調子に戻りつつあります。

といっても仕事を休んでいた訳ではなく、久々の新作家具などにも着手しております。

Photo

最初にラフデザインは描いたものの、手探りでの製作故、この先の扉や引出のデザインは未定です。。。

注文以外の製作はのんびりと

あっ、日頃納期が遅れるのは、のんびり作っている訳じゃないんですよsweat02

取り掛かれば早いんだもんッ!

ホントだもんッ!!

新しい出会いもありました。

地域のスポーツ振興を推進する為の組織「体育協会」の副支部長に抜擢され、普段顔を合わせる事のない地域の方々とたくさん知り合うことができました。

思えば、この地に居を構え早11年。

当初転入者は少なく、町の保守的な雰囲気にも馴染めず、悩んだ時期もありました。

今では地元の方々のご協力により『香林朝市』も開催できるようになり、これからは地域への恩返しのつもりで、ちょっとだけ頑張ろうと思います。

あぁ、よそ者扱いされていた頃が懐かしい・・・



嬉しいプレゼントも。

Photo_2

岩手出身の妻の友人から届いた、復活のわかめ。

我が家では、母の郷里の徳島・鳴門産わかめが定番なのですが、三陸産もなかなかやるじゃないか。

わかめの復活を心待ちにしていた方もたくさんいらっしゃるでしょう。。。

同封の友人からの手紙には、放射線検査がきちんと実施された旨と、

「気になる様なら処分して下さい」

というお気遣いの一文が。。。

心配御無用!  我が家には、ナンチャラベクレルもホニャララシーベルトも気にする様な繊細なモノは居りません!!

モリモリ、ムシャムシャ美味しかったよー。


夏に向けて、電力不足を叫ぶ輩が増えております。

原発の有無に関わらず、節電を心掛けるのはあたりまえだのクラッカー。

言われなくてもやっとるわい!

願わくば、我が家のソーラー発電よ・・・「もちっと働けィ!!」


何をするべきか、何が出来るのか。。。

とりあえず、視界はいつもクリアーに。

| | コメント (0)

2012年4月13日 (金)

春便り

Photo

今年の春は少々乱暴に、そしてアッという間に景色に彩を添えました。

『春爛漫』

一升瓶のラベルみたいですが、ひと時この花吹雪に酔いしれたいものです。

寒さが長引いた分、今年こそ一滑り行けるかな~と思いきや、仕事が終らず

今年も白銀には招かれず・・・

季節の変わり目は、空気と一緒に「氣」の流れみたいのも変わります。

冬の間、じっとうずくまって蓄えたチカラで徐々に発芽させていこう。

ついでに、蓄えたお腹のニクを消費したい・・・

Photo_2

また行くからね!

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

9ヶ月

2011_12120002

陸前高田に住む、妻の友人・Tさんから届いた品。

震災から間もなく、「友人に物資を届けたい!」というボクらの超個人的な呼びかけに、多くの友達が預けてくれた『思い』

Tさんを通じ、避難所の方々や、他の地域の方々にも届けることができました。

「あの時、ご支援下さった方々へお渡し下さい」と、沢山の「名産品」が送られてきました。

返って気を使わせてしまったと、複雑な気持ちですがココは素直に、ご馳走になります!

みんなには、順次お届けしますね。

中でも『八木澤商店』の醤油・味噌は、次回岩手に行ったときには必ず手に入れようと思っていた品だったのでとても嬉しい。

あの日、市役所に勤めるTさんの夫は、ご自分の担当する保育園の先生や子供達を避難させた後、自らは津波に飲み込まれ命を落としてしまいました。

Tさんにも、元気な子供が4人。

勿論、心に刻まれた傷は想像すらできませんが、それでもTさん一家は元気です。

彼女の手紙には「あれから9ヶ月、一歩進んでは一歩戻り、それでも前を向いているよ!」と記されていました。

人間は、10ヶ月すると、お母さんのおなかから新しい命が生まれます。

「日本」というお母さんからも、十月十日で新しい何かが生まれるといいなぁ。

| | コメント (0)

2011年11月15日 (火)

誰がため

ボクの仕事は、良くも悪くも作業中、お客様の顔が脳裏に浮かびます。

「なんかいいな。」ってときは自然とボクも笑顔になります。

随分とお待たせしているときは頭の中で何度も何度も叱られて、仕上の頃にはぐったり・・・

それでも、お客様の顔が見えるモノ作りってのはいい。

ボクの廻りにも、しっかりとお客様と向き合って何かをこさえる人たちがいます。

そんな人たちが集まって朝市を開催します。

第4回 香林朝市

12月4日(日) 午前8:00~

伊勢崎市・香林町一丁目区民センターにて。

詳細は追ってご紹介いたします。

香林朝市では、普段は違う仕事をしてたり、イベントごとには滅多に顔を出さない腕利きたちにも無理を承知で出張ってもらいます。

作った手から、食べる手、使う手にバトンタッチの瞬間が最高に嬉しい。。。

「手作り」って、言葉としてはありふれた感が否めませんが、ココに並ぶものは正真正銘、誰かの「手」から生まれたものばかり。

あなたのために。

2011_11130007

最近一番ぐったりきた椅子。

3ヶ月、頭の中で叱られ続けました・・・

| | コメント (1)

2011年11月 7日 (月)

デシャバリ

秋色の軽井沢アウトレットモールでのこと。

滞在した4時間の殆どをアウトドアショップ街で過ごし、欲しかったアイテムが破格で手に入りニンマリ。

最後まで悩んだフィールドジャケットをもう一度試着したくてその店に入るや否や

「えーッ!まだ悩んでたんすかぁぁ!?」

と、およそ山には生息しないような女子店員が一言。

「大きなお世話じゃ!」

とココロで叫び、勿論その、まだ悩んでいたジャケットに未練は失せ・・・

その後もその店員が執拗に勧めるトンチンカンな商品を全て却下し、店員には打ち明けていなかった、もう一つの候補を購入しました。

結果的には、まだ悩んでいたジャケットよりも正解だったかなぁ。。。

別の店では、あれこれ鏡の前で思案中の妻に、スッと男子店員が差し出したネルシャツがドンピシャ。

きっと彼は、妻がどんなものを手にしているのかを、さりげなく観察してたんでしょうね。

そして彼のセンスが、妻のハートと財布を射抜いた。

でしゃばらず、でも真を突く。

ボクもそんな商売を心掛けたいと思います。

Fxcam_1320615681228

2年間履き倒した3本線。

大好きなスニーカーですが、新入りが来たのでお役御免とします。

ありがとうさま。

| | コメント (0)

2011年10月27日 (木)

スケッチトラベル

みなさんは、『スケッチトラベル』をご存知ですか?

世界中、71名のアーティストが一冊のスケッチブックに作品を描き、それを次のアーティストに手渡して行くという壮大な「あそび」

一人の日本人が友人と始めた「あそび」はいつしか目的を持ち、近い将来、ラオスに図書館が建設されるそうです。

まぁ、百聞より一見。

何だか最近、息苦しいなぁ・・・なんて人、すーっと空気が流れます。

ものづくりのはじめの一歩って、「あそび」のココロなんですよね。。。

家具でもやってみようかな??

・・・手渡しはキツイか。

| | コメント (0)

2011年9月 8日 (木)

Photo

ここ数日の雨空も、何も無かったかのような秋空へ変わりました。

肩の手術を終え、リハビリ入院する温泉病院へ母を送る道すがら、濁流の川を眺めながら思う自然の脅威。

もう、たくさんです。

秋は大好きな季節。

でも、ココロは未だ「秋晴れ」とはいきませんね。。。

12日は中秋の名月、新月の頃には”ロマンチック部”のメンバーと共に、谷川岳・『星の鑑賞会』に参加します。

何かと「空」を見上げることが増えるこれからの季節。

降ってくるのは、怖い光線よりキラキラ星がいい。。。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧