旅行・地域

2011年8月 5日 (金)

岩手、再び・・・ボランティア報告

2011_0804hibi0038

8月1日・2日の両日、夏休みを兼ねて岩手・陸前高田市での復興ボランティアに参加しました。

4月に訪れた時には、見渡す限り瓦礫に覆われていた街も、少しずつ地べたが顔を出しています。

Dsc_0118

個人でのボランティアは当日、直接VC(ボランティアセンター)に行き、そこで各種手続きを行います。

作業時間は基本的に9:00~15:00まで。

この日は曇り空、25℃を下回り、作業しやすい気温です。

団体出発の後、個人参加の作業分担が決められます。

様々な依頼の中から、挙手により希望の作業を決めます。

1日目は埼玉から来たという男性2名、岩手出身の男性1名と共に、津波被害による個人宅の納屋の片付けに行きました。

こちらのお宅は、海から8㌔も離れた山間部で、依頼主もまさか津波が来るとは思いもしなかったそうで、家の中で、あっという間に首まで泥水に浸かったそうです。

そして奇遇にも、現場で我々に指示をくれた依頼主の義妹さんは、この夜お世話になる、妻の友人・Tさんの、津波で亡くなられたご主人の、小学校時代の恩師なのだそうです。。。

各自、飲料水と昼食は用意して行くのが原則ですが、この日は依頼主宅でうどんをご馳走になりました。

VCでは、ボランティア先(個人宅)での写真撮影を強く禁止している訳ではありませんが、無断撮影は絶対に×です!

時間を少しオーバーしましたが、何とか片付けも終了。

最後に依頼主のご希望で、全員で記念撮影をしました。

その後VCに戻り、道具の返却と作業日報の作成。

この日で埼玉に帰るという二人に、温泉に案内して頂きました。

今朝会ったばかりなのに、早くも裸のお付き合い。

自分の夢を語ってくれました。

そして作業を終えた、宮崎県の高校生達(テニスのインターハイの帰りにボランティア活動の為岩手に立ち寄ったそうです)も続々入浴。

縦横に割れる腹筋が眩しく、「ボクも昔は・・・」と呟きながら退散。。。

2日目は港の瓦礫撤去に参加しました。

Dsc_0278

海は、何も無かった様に穏やかです。

Dsc_0288

しかし、堤防を挟んだ陸地は未だこの有様。

この集落では初めてボランティアの手が入ったそうです。

10名での作業でしたが、あまりに範囲が広すぎて、一同呆然とした後、とりあえず出来る事から始めよう!と、ひたすら瓦礫の山を築きました。(後から重機で撤去するそうですが、その重機もいつ来るやら・・・という事です)

陸高VCで聞いたところ、この日だけで病院送りになった負傷者が4名(クギ踏みや転倒打撲など)、作業中に蜂に刺されるなどの軽症も数名とのこと。

ひとつ間違えば大きな事故に繋がります。

夏休みを利用して、被災地でのボランティア活動を予定している方も多いと思いますが、現場は、思った以上に過酷です。

力仕事や危険作業に不慣れな方は、遠慮なく軽作業に当たられる事をお勧めします。

TVではあまり報道されなくなりましたが、まだまだ復興には程遠い地域が山ほどあるそうです。

我が家も継続して、ボランティアに参加する予定です。

| | コメント (2)

2011年7月29日 (金)

無事

2

ボクは旅をするのが好きです。

20代半ばでカナダを1ヶ月ほど放浪したこともありました。

独身時代は暇さえあればバイクや車にテントを積んで、無謀に駆っておりました。

妻も旅好きのアウトドア好きでして、スマートなツアー旅行とは程遠い過酷な旅もへっちゃらです。

独身時代の旅と、今の旅との大きな違いは・・・

「無事、帰る」

を心掛ける事です。

それは旅行に限らず、日々の通勤・通学でも言えること。

簡単そうに思える「無事○○」ということが、いかに危ういことか、先の大震災で思い知らされました。。。

8/1~4の間、工房はお休みします。

再び岩手の友人を訪ねると共に、陸前高田市でボランティア活動に参加する予定です。

あの日、無事に家族の元へ帰ることが出来なかった、友人の旦那様の新盆も間もなくです。

無事帰ったら、また報告しますね。。。

| | コメント (1)

2011年4月29日 (金)

現実

重い・想いを載せ、4月27日深夜、岩手・陸前高田に向かいました。

「一関IC」を降り、高田に向う道中、目に映る風景はあまりに普通で・・・

TVで見ていた「被災地」とのギャップに拍子抜けの感もありました。

目的地まで数キロ、山道を下ると突然現れた光景。

2011_0428hibi0020_2 2011_0428hibi0018

同上の妻とも言葉を失くし、一瞬にして夢の世界に紛れ込んでしまった感じです。

数分後、目的地である市内の避難所に到着。

妻の友人・Hさんは仕事の為外出中なので、暫く待っている間、避難所周辺を恐る恐る歩いてみました。

2011_0428hibi0021 2011_0428hibi0022

2011_0428hibi0026 2011_0428hibi0017

2011_0428hibi0029 2011_0428hibi0031

2011_0428hibi0030 廃墟の中に咲く満開の桜が、より一層感覚を麻痺させます。

その後、仕事を終え戻ったHさんと、学校から戻った子供達と無事会えました。

2011_0428hibi0037

多くの方からお預かりした支援物資を避難所の方々にお渡しすると、本当に喜んで下さいました。

皆が事前に、きちんと仕分けして持ってきてくれたお陰で、重複する物資などはすぐに他の施設へお分けする事が出来ました。

これは、縦割り行政では絶対に不可能な横の繋がり作業です。

夕方、学校の先生の家庭(避難所)訪問があるということでその間、更に市内へと行ってみました。

2011_0428hibi0042 高台から見渡す限りの瓦礫の海。

2011_0428hibi0044 海に見えるここが、高田で一番の繁華街だったそうです・・・

2011_0428hibi0058_3

Hさんから、「是非見てきて」と教えられた、津波にも負けなかった『一本松』

2011_0428hibi0080 2011_0428hibi0039

避難所の子供達はとにかく元気!

電気もまだないから、そこにはDSもPSPもなく、中学生から3歳児まで一緒になって缶ケリしたりキャッチボールしたり。。。

突然現れたオッサンも快く仲間に入れてくれて、ついつい童心に返って大ハシャギ。

調子に乗ったオッサンは、子供の投げた球を本気で打ち返し、大切なカラーバットをへし折り大ヒンシュクsweat01(きちんと直しましたよ・・・)

最後はみんなでグランドでお茶を飲み、お菓子を食べ、再会を誓い、泣き笑いで避難所を後にしました。

見えなくなるまで、ずっとずっと手を振ってくれていた子供達。

津波で家を、家族を亡くした子供達。

大人だって同じ。

みんな辛いに決まってる!

でも誰もが笑顔、笑顔で受け入れてくれました。

今回のボク達の行動は、行政や自治体の動きは全く無視しての超個人的な行動です。

一つ間違えば現地の方々に迷惑を掛けてしまうかも知れません。

咎められても仕方のない事だと思います。

だから、皆さんにも同じ様にして欲しいとは言いません。

でも、感じた事だけ記しておきます。

      ・トンチンカンな自粛ムードは無益です!

      ・謂れなき誹謗・中傷・哀れみも無用です!!

      ・支援・救援・義援は一過性のイベントじゃない!!!

復興には相当な時間が掛かるでしょう。

今出来ること、この先必要なこと、一人一人が「生きること」を真剣に考え、決して「対岸の火事」で終らせないことが大事だと思います。

最後に今回の「超個人的支援」に賛同してくれた仲間を紹介します。

○習志野看護学校・38回生有志の皆さん、嶋村さん、imaちゃん、島田さん、noonさん、nuanさん、sora vegetableさん、coudre45さん、和miさん、so-yaちゃん、りえちゃん、あいこさん、カヅ子さん、白い牛のパンさん、みっちゃん、その他多くの方の”想い”を頂きました。

本当に、ご協力ありがとうございました。

| | コメント (3)

2010年9月18日 (土)

ナツタビ・3

2010_0902hibi0312 今から65年前、上空600mで光ったもの・・・

そこぬけの青空の下、ビル郡に囲まれるドームは余りに小さく、戦争の愚かさを痛感します。

本当の「世界"負"遺産」。

哀しくて、悔しくて、それでもハラは減る。

折角の広島、「お好み焼き」と行きますか!

午後には次の世界遺産、「宮島」へ。

よかったも一緒に、フェリーで海を渡ります。

2010_0902hibi0428

干潮時には歩いて鳥居をくぐれるそうです。

2010_0902hibi0471

子供のゲンコツくらいあるかも。。。何と1コ¥200!

2010_0902hibi0476

ラウンド1・・・・

2010_0902hibi0362

”本土”に戻り、夕食は「陽気」のラーメンをすすりました。うまい!

ボチボチ帰ろうか。。。

とりあえず群馬に向かいつつ、ココからは行く先未定の風任せ。

PAで仮眠を取り、翌朝目に入った「倉敷」の文字に惹かれて途中下車。

「美観地区」と名打つだけあって、蔵造りの町並みは正に温故知新。

2010_0902hibi0495

デジカメの電池も底をつき、これがナツタビ最後の1枚。。。

家に辿りつくまでスッタモンダがありましたが、これもまた旅の醍醐味。

記録に残る暑さと共に、記憶に残るナツタビでした。

                完

| | コメント (4)

2010年9月12日 (日)

ナツタビ・2

2010_0902hibi0176 浜辺で迎えた御来光。

タビの無事を祈願し、山陰二日目の始まりです。

今日は世界遺産・「石見銀山とその周辺地区」へ。

2010_0902hibi0191 坑内は一年を通して、13℃~15℃!

この日の気温、35℃超。

しかも銀山までチャリンコで上り坂・・・汗・汗・汗

一気に冷却~。

2010_0902hibi0204 縦横無尽に掘り進まれた跡。

これを手作業で・・・

岩肌は苔むし、小さな若葉も。

荘厳な自然に杭打つ人間の逞しさ。。。

そんなエネルギーが溢れていました。

2010_0902hibi0279

銀山周辺の町並み。

2010_0902hibi0268_2

現役の診療所。

看護師募集の際は御一報を!

2010_0902hibi0275

スタンバイOKな看護師・・・

2010_0902hibi0253

時代劇でもいけそうな自販機 。

その他、建具や表札、〒ポストに至るまで、各家々の個性溢れる愛しいデザイン満載。

「世界遺産」などと聞くと、気張ったイメージでしたが、観光地にありがちな、大袈裟な「いらっしゃいませ感」もなく、フツーの人々がフツーに生活している事に驚き。。。

2010_0902hibi0292

6時間余りのタイムトリップ。

次の世界遺産を求め、一路ヒロシマへ・・・

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土)

ナツタビ。

2010_0902hibi0027 少し遅めの夏休み。

今年は、山陰・瀬戸内周遊、世界遺産に触れる旅です。

始まりは島根県・出雲の神にお参り。

ここまで(伊勢崎→出雲)高速料金、¥2300なり!(土曜日出発)

道中の無事と、家内安全・商売繁盛などなど、ワンコインでありったけの祈願。

2010_0902hibi0037 解っております、応えはすべて自分の中にあること。。。

それでもやっぱり、祈らずにはいられない迫力!

大社内は動物同行禁止なので、仕方なく、よかったは車内で留守番。

そもそもアスファルトが熱過ぎて、日中は歩かせる事も出来ません。

ガイドブックにある参拝コースを一周して、次の目的地、石見海浜公園へ。

2010_0902hibi0099 実は海が苦手のよかった。

これも勉強。

さあ、大海原に飛び込んでおいで!

2010_0902hibi0130 10歳にして、初海水浴。

お前さん、やっぱりゴールデンレトリバーだったんだな。。。

慣れてしまえばコノ通り!

打ち寄せる波はチョッと怖いけど・・・

今夜はこの海岸でキャンプです。

事前に予約しておいたバンガローまで徒歩1分。

2010_0902hibi0168

2010_0902hibi0161

日本海の夜は静かに訪れました。

(ナツタビ・その2へ・・・)

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

I feel・・・

2009_1121hibi0046 ボクらの住む「伊勢崎」は、元々「赤石」という地名でした。

その昔、この「赤石城」を攻め落とした戦国武将が、この地の一部を伊勢神宮に寄進し、伊勢宮を守護神として奉って以来、「伊勢の前(さき)→「伊勢崎」と呼ばれるようになったそうです。

これも何かのご縁。

念願の「お伊勢参り」に行ってきました。

妻と愛犬、相変わらずの「日帰り弾丸ツアー」でしたが、ザ・コハルビヨリの神宮は、来る者を拒まない、フトコロの大きな場所でした。

2009_1121hibi0041 アチラとコチラを結ぶ橋「宇治橋」は架け替えが済んだばかり。

森に入ると、もの凄い生命力に押し上げられ、なんだか身体が軽くなったような。。。

2009_1121hibi0051_2 2009_1121hibi0029

普段から「木」に触れていると、掌からいろんなことを感じます。

短い時間でしたが、神宮の「空気」や「匂い」は、確かにボクの「命」に溶け込みました。

こうやって、目に見えないものを「感じる」ことが少しずつ、日常になってきた気がします。

これからも、気の向くままの「弾丸ツアー」は続きます。

2009_1121hibi0070 噂どおり、赤福の込みっぷりは圧巻。

夕方訪れた時には、残り3箱・・・

思い出は胃袋の中へ。

| | コメント (0)

2009年8月19日 (水)

優しい悪魔。

2009_0818hibi0007 単発夏休み第二弾。

長野県・白馬山の大雪渓に行ってきました。

山歴の浅いボクたちに強いミカタが。

白馬登山の大ベテラン、Nさんのガイド付きという、心強い山行です。

2009_0818hibi0009 写真中央に見える白い雪の斜面、これが大雪渓です。

登山口から約1時間、照りつける太陽に汗だくになりながら雪渓入り口に到着。2009_0818hibi0054

2009_0818hibi0020 雪渓に出た途端、さっきまでのジリジリが嘘の様に冷たい風が吹き抜けます。

残念ながら今年の異常気象のせいで一日で数メートル、雪渓は小さくなっているそうです。

雪渓には長いクレバスがパックリ・・・

2009_0818hibi0029 この先、各峠を目指す人はこの雪渓を更に登って行きます。

夏山シーズン真っ盛りの今、この大雪渓までは小さな子供や、ジーンズにスニーカーといった、超軽装の人まで様々。

しかし現実の山は厳しく、この大雪渓に来るまでの道中にも行方不明者情報の看板があちこちに。。。

見れば丁度1年前の今日、8月18日にこの大雪渓から先で一名、行方が判らなくなっているそうです。

2009_0818hibi0047_2 涼しい風と壮大な景色にココロ癒されたその場所から僅か数百メートル先には、いくつもの人命を奪った「悪魔」が存在するんです・・・

それでも人は登ります。

そこに山があるから?

怖さの反面、頂を目指したいと思う自分を発見してしまいました。。。

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

亀麿ちゃん。

2009_0802hibi0017_3 夏休み第1弾として、友人数人と東北・岩手・二戸旅行に行ってきました。

高速道路で7時間。

1泊2日の強行軍でしたが、笑いあり、笑いありの珍道中。

その最たる目的は、金田一温泉「緑風荘」での宿泊です。

ご存知の方も多いと思われますが、そう、座敷わらしに会える宿です。

2009_0802hibi0010 宿に着く前、ちょっと寄り道。

瀬戸内寂聴さんの法話会でお馴染みの天台寺へ。

2009_0802hibi0021 「運気向上坂」を登ると現れる境内。

鐘を突くとなんとも言えず、厳かな気分になります。

ココロとカラダを清めた(つもり)ら、いざ緑風荘へ!

2009_0802hibi0103_2 泊めて頂いた部屋は「えんじゅのま」。

座敷わらし、「亀麿ちゃん」が住む部屋です。

写真に写る「オーブ」、判りますか?

友人達それぞれ、袖を引っ張られたり、足音や笑い声が聞こえたりと、全員が亀麿ちゃんに会えましたよ!

2009_0802hibi0085_2 不思議体験も楽しかったですが、何より宿の方々の愛情たっぷりのおもてなしに感謝です。

今回、この部屋に泊まる事の出来た経緯も、これまた不思議なご縁ですが、それはまたいつかお話します。。。

多くの政財界人、芸能人、スポーツ選手がここを訪れ、成功を収めたと聞きました。

しかしボクは、優しい気持ちになれたこのひと時が何よりの収穫でした。。。

高速代¥1000が既にご利益かも。

| | コメント (0)

2008年10月12日 (日)

小菊の里

2 ご近所のクボタさんに頂いた小菊。

クボタさん以外、この品種を育てている方は少ないそうです。

「咲けばわかるよ。」

う~ん、職人ですな。。。

ここ、伊勢崎市香林町は「小菊の里」で有名です。

本日開所だったそうで、間もなく数百の菊の玉が、順々に咲き乱れます。

クボタさん渾身の作品を是非、直に御覧下さい!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧