« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月18日 (日)

急速充電

Maruichi

3月某日。

昨年末からの疲労がピークに達し、目に見えない細ーい糸が切れそうになったので、思い切って近場の温泉宿へ行きました。

我が群馬県は、日本でも屈指の湯処でして、『草津』『四万』『水上』『伊香保』・・・

数ある中から選んだのは『猿ヶ京』

広い敷地に点在する日本建築は、茶室や、蔵を改装したお風呂として迫力の佇まいです。

布団を敷いたり、食器の下膳はセルフサービスですが、それは全く「サービスが悪い!」などと感じさせない心地良さ。

お料理は、地場野菜中心のカラダに優しいメニューです。

平日ということもあり、この日の宿泊は2組でしたが、春には、庭の大枝垂桜目当ての予約客で平日・休日とも満室だそうです。

仕事の都合で、チェックアウト後すぐに帰宅しましたが、こんなに温泉を満喫したのも久し振りでした。

充電完了。

Tv_aikawa

直後に仕上がった、A様邸のTVボード。

ブラックチェリーの木肌もスベスベ~

Tv_aikawa_2

お待たせしてしまった分、たっぷりと手間掛けましたよ。。。

| | コメント (2)

2012年3月 2日 (金)

甘い来世

Photo

予期せぬことは、頻繁に起こります。

ある出来事をきっかけに、この世とあの世が繋がってしまった人間の「再生」の物語・・・

『スウィート・ヒアアフター』 

今年1冊目の読書。

著者が、3.11を経験した全ての生きている人、死んだ人へ向けて書いたものだそうです。

ボクには異次元の何かが見えたり、天の声が聴こえたりするチカラはありませんが、「感じる」ことの出来る人間でありたいと思っています。

「死」とは如何に身近なことなのか、ボクは十代半ばに思い知らされました。

そして今、「生」ということの難しさ、大切さを日々感じています(といっても、ダラダラと遣り過ごしてしまう毎日sweat02反省)

生まれて死ぬまで、どれだけ笑って、泣いて、愛して、愛されて・・・なんとなくでいい、シアワセを感じて。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »