« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月25日 (水)

マイペースにも程がある・・・

2011_0412hibi0007

打ち合わせから、足掛け2年・・・

キッチン、トイレカウンター、テーブルに遅れること2ヶ月、TV台の納品で完了となりました、東京都・Sさま邸。

Stv_boad2

Dsc_0011_2

元々Sさまを紹介してくれたH&T.M さんのサポートを受け、なんとか乗り切った現場です。

ボク一人の頼りなさを実感してしまうこの頃、「人の手」の、なんと心強い事か。

それにも増して、目に余る納期遅れにも忍耐強くご容赦頂いているお客様たち。。。

Chest_2_2

コチラは3ヶ月お待たせしてしまったTさまのチェスト。

申し訳ない思いと、情けない思いで一杯です!

でも、落ち込んでいる暇はありません。

ここから、ここから。

そう自分に言い聞かせ、今宵は一人反省会。

| | コメント (2)

2011年5月21日 (土)

想いをカタチに

Rimg0836

3月初旬。

披露宴で、ご両親にプレゼントを作りたいと、埼玉県からやって来た二人。

Rimg0853

素敵な食器ができました。

一足早い、初めての共同作業。

皆様、お幸せに。。。

| | コメント (0)

2011年5月17日 (火)

日和

Photo_2

縁あって、我が家に居候がやって来て一週間が経ちました。

‘よかった‘が逝ってから、暫く犬と暮らすつもりはなかったのですが・・・

近所の小学生が、学校の近くで迷っている彼女を保護したらしいのですが、手に負えず我が家に駆け込んで来た次第です。

一度は保健所に預け、動物愛護協会・警察にも問い合わせたのですが結局飼い主は見つからず。

保健所での保護期限が来て、そのまま「殺処分」というのもなんだかね・・・

仕方なく、本当に仕方なく、保健所に迎えに行きました。

ラブラドールレトリバー・黒・メス・推定5歳? デブ犬。

始めは不安と緊張からかトイレも滅茶苦茶でしたが、そもそも犬はキレイ好きなので、トレーニングの成果はすぐに現れました。

確かに彼女は元気が良い。

「良い」という次元は超えているかも知れません・・・

飼い主さんは、もしもそれが理由で手放したのだとすれば、それは間違っています。

犬は「犬の世界」で生きている訳で、それを人間の生活に溶け込まそうとするには人間が教えてあげなければなりません。

仮に訓練所に預けたところで、カンペキな「躾」は身につかないそうです。(訓練所談)

つまり、犬の躾とは飼い主自身の躾なんです!(棚の上からスミマセンsweat01

少なくとも、これから犬を飼おうとしている方は、最低限の躾術を学んでから飼って下さい。

無駄吠え、破壊、威嚇・・・異常行動には原因があります。

人間の手で人間社会に引きずり込んだ動物達は、最後まで人間社会の動物として面倒みてください。

福島はじめ、被災地でもペット・家畜の問題が多くあります。

様々な団体・個人が被災ペット救済に奔走しています。

それ以外でも、年間数万頭の犬・猫・その他動物達が「処分」されています。

もしも彼女の「飼い主」が現れたら、彼女はお返しします。おこころ当たりの方、いつでもご連絡下さい。 (伊勢崎警察署・伊勢崎保健所にお電話下さい)

それまでは精一杯育てます。

彼女を「ひより」と名付けました。

    ひより {日和}

    ①天気・空模様

    ②晴れたよい天気。また、そのことをするのに丁度よい天気。

    ③物事のなりゆき。

| | コメント (1)

2011年5月11日 (水)

バトンタッチ!

2011_0510hibi0070_4                                                                                 東京・葛飾の閑静な住宅街に、焼きたてパンの薫りが漂います。

2011年5月11日、「白い牛のパン」が本格始動です!

お祝いを兼ね、朝一で訪ねました。

スタッフの皆さんにご挨拶していると、次から次、お客様がやって来ます。

元々生活雑貨を扱う「白い牛」の店内に造作したパン屋さんで、その工事全般を当工房で担当させて頂きました。

2011_0510hibi0067_2

2011_0510hibi0073_5

パンマニアの本領発揮!

2011_0510hibi0088_4

写真を撮る間もなく、次々と棚から消えていくパン・・・

imaさんも、開店15分後にはカゴが空ッポですが、パン好き人間にとって「美味しいパン」に出会えるという事は至福の悦びですよね。

「白い牛のパン」という空間を造った者として、そこに焼きたてのパンが並び、お客様の笑顔が溢れるのを見て初めて、「お引渡し」を終えた気がします。

肩の荷が降りたと同時に、ちょっぴりセンチメンタルジャーニー。。。

     ヒロはまだ、40だから・・・

お近くの方も、そうでない方も、一度ご賞味あれ。

「白い牛」&「白い牛のパン」

東京都葛飾区青戸1-5-12 APTルマ 1F  

電話03-3694-5468

open  火~金 11:00~売り切れ次第

「青戸のキャンディーズ」が皆様をお待ちしております。

| | コメント (3)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »