« 岩手へ。 | トップページ | バトンタッチ! »

2011年4月29日 (金)

現実

重い・想いを載せ、4月27日深夜、岩手・陸前高田に向かいました。

「一関IC」を降り、高田に向う道中、目に映る風景はあまりに普通で・・・

TVで見ていた「被災地」とのギャップに拍子抜けの感もありました。

目的地まで数キロ、山道を下ると突然現れた光景。

2011_0428hibi0020_2 2011_0428hibi0018

同上の妻とも言葉を失くし、一瞬にして夢の世界に紛れ込んでしまった感じです。

数分後、目的地である市内の避難所に到着。

妻の友人・Hさんは仕事の為外出中なので、暫く待っている間、避難所周辺を恐る恐る歩いてみました。

2011_0428hibi0021 2011_0428hibi0022

2011_0428hibi0026 2011_0428hibi0017

2011_0428hibi0029 2011_0428hibi0031

2011_0428hibi0030 廃墟の中に咲く満開の桜が、より一層感覚を麻痺させます。

その後、仕事を終え戻ったHさんと、学校から戻った子供達と無事会えました。

2011_0428hibi0037

多くの方からお預かりした支援物資を避難所の方々にお渡しすると、本当に喜んで下さいました。

皆が事前に、きちんと仕分けして持ってきてくれたお陰で、重複する物資などはすぐに他の施設へお分けする事が出来ました。

これは、縦割り行政では絶対に不可能な横の繋がり作業です。

夕方、学校の先生の家庭(避難所)訪問があるということでその間、更に市内へと行ってみました。

2011_0428hibi0042 高台から見渡す限りの瓦礫の海。

2011_0428hibi0044 海に見えるここが、高田で一番の繁華街だったそうです・・・

2011_0428hibi0058_3

Hさんから、「是非見てきて」と教えられた、津波にも負けなかった『一本松』

2011_0428hibi0080 2011_0428hibi0039

避難所の子供達はとにかく元気!

電気もまだないから、そこにはDSもPSPもなく、中学生から3歳児まで一緒になって缶ケリしたりキャッチボールしたり。。。

突然現れたオッサンも快く仲間に入れてくれて、ついつい童心に返って大ハシャギ。

調子に乗ったオッサンは、子供の投げた球を本気で打ち返し、大切なカラーバットをへし折り大ヒンシュクsweat01(きちんと直しましたよ・・・)

最後はみんなでグランドでお茶を飲み、お菓子を食べ、再会を誓い、泣き笑いで避難所を後にしました。

見えなくなるまで、ずっとずっと手を振ってくれていた子供達。

津波で家を、家族を亡くした子供達。

大人だって同じ。

みんな辛いに決まってる!

でも誰もが笑顔、笑顔で受け入れてくれました。

今回のボク達の行動は、行政や自治体の動きは全く無視しての超個人的な行動です。

一つ間違えば現地の方々に迷惑を掛けてしまうかも知れません。

咎められても仕方のない事だと思います。

だから、皆さんにも同じ様にして欲しいとは言いません。

でも、感じた事だけ記しておきます。

      ・トンチンカンな自粛ムードは無益です!

      ・謂れなき誹謗・中傷・哀れみも無用です!!

      ・支援・救援・義援は一過性のイベントじゃない!!!

復興には相当な時間が掛かるでしょう。

今出来ること、この先必要なこと、一人一人が「生きること」を真剣に考え、決して「対岸の火事」で終らせないことが大事だと思います。

最後に今回の「超個人的支援」に賛同してくれた仲間を紹介します。

○習志野看護学校・38回生有志の皆さん、嶋村さん、imaちゃん、島田さん、noonさん、nuanさん、sora vegetableさん、coudre45さん、和miさん、so-yaちゃん、りえちゃん、あいこさん、カヅ子さん、白い牛のパンさん、みっちゃん、その他多くの方の”想い”を頂きました。

本当に、ご協力ありがとうございました。

|

« 岩手へ。 | トップページ | バトンタッチ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おかえり。
二人とも無事に帰って来てくれてありがとう。
その考え方、行動力。本当に頭が下がります。
被災地に行き、直接目で見て人々の声を聞いて、肌で感じて色々な思いがあると思うけど、少し体を休めてね。
こちらは、少々風邪でダウン気味、、、
近々、牛パンで逢える時を楽しみにしてます。
その時に色々と話聞かせてください。
6月のイベントにみっちゃんブランド出店の件もね、、、

投稿: みっちゃん | 2011年4月30日 (土) 00時56分

>みっちゃん
いろいろありがとう。
みんながちょっとずつチカラを出し合って創り上げたものは正に「宝物」だね。

また会う日まで、チャオ!

投稿: 深呼吸 | 2011年5月 2日 (月) 14時06分

連休中、私も釜石の避難所にいる友人を見舞うため、被災地へ向かいました。
捉え方によっては物見遊山になりかねない戸惑いを拭ったのは友人の言葉――「この光景は見ておくべき」

岩手県大槌町…流され焼き尽くされた風景は、黒と茶の色彩のみ。
友人の住む町ではなかったけど、彼は「ここへ来ると本当に心が折れるんだよ」と言って押し黙っていました。
彼の家の周辺を撮影していたら、「悪いが今の消しておいてくれないか、知人がたくさん死んでるんだ」と言われハッとしました。
自分は大勢の人が亡くなった場所を踏み歩いているんだ…。
彼もおびただしい遺体を目にしたそうです。

彼のいる避難所は目立つ事もなく小規模で、芸能人も有名シェフも、炊き出しも来ないそうです。
実際ほんのわずかな偶然が重なって、家族全員が無事だったと聞きました。
一瞬…運命とはこういう事なのでしょう。

彼は「この事実を伝えて欲しい、また伝えるべきだ」と話してくれました。
そして大切なのは”捉え方”だと…。
そうやって考え続ける事に、現代人は苦手になっているように思えてなりません。

投稿: 保すずき | 2011年5月 8日 (日) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岩手へ。 | トップページ | バトンタッチ! »