« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

満月

2010_0331hibi0005 満月、綺麗でしたね。

月が満ちていくように仕上がった「縁卓」。

別名、満月テーブル。

今回のご注文はナラ材。

2010_0331hibi0002 材木を仕入れた時点ではこんな感じです。

なんとも、ただの雑木にしか見えませんね。。。

「材木は丸太で仕入れるんですか?」と聞かれます。

確かに、大きな家具工場では、任意の厚みや巾にカット出来る丸太仕入れが良いでしょう。(切ってみたら虫食いなどでアチャー!coldsweats02と言う事もありますが・・・)

ウチでは、丸太を挽いたり、挽いた板を何年も乾燥させるコストを考えると、製材状態で仕入れるのがモア・ベター。

そして、信頼する材木問屋さんの確かな「目」が頼りになります。

雑木も一皮剥ければ・・・

2010_0331hibi0006 美しいナラの杢目。

「縁卓」は、幕板(脚と天板を接合する横板)が無く、座った時に膝腿辺りがスッキリです。

その他の樹種や「コタツバージョン」は、ページトップの「深呼吸する家具写真」御覧ください。

ご注文主のSさんは、玄人はだしrunのキムチ仕込み名人。

今日の納品で、今シーズン最後のキムチを頂きました。

今宵は、ちょっぴり欠けたお月さんを見ながら我が家の「満月」に座り、キムチで一杯beer

| | コメント (0)

2010年3月26日 (金)

魔法の手

2010_0326hibi0005 編みこんだペーパーコード、およそ800m。

今までペーパーコードはデンマーク製を使っていたのですが、今回のそれは純国産。

強度、しなやかさとも十分。

ただ、編みこむスピードは変わらず・・・まだまだデンマークのおばちゃんには敵いません。

編むといえば、妻のオカンは70を超えた今も、せっせせっせと毛糸を編んでるだよ。

そのオカンにはファンが多く、いつも誰かの為に編んでるだよ。

編み物に限らず、洋裁・和裁・料理にボランティア活動・・・家族で一番元気なのはオカンかも。。。

そんな魔法の手を継ぐ人が見当たらない。

実の娘である妻は、父ちゃんに似たようで・・・

こうなったら、妻よりはいくらか手先の器用なボクの出番か。

「職人は頭で考げーるんじゃねぇ!手で考げーるんだッ!」と、先輩の言葉。

人間は、手からいろんなものを出します。

特別な能力者でなくたって、誰かを思って手を動かせば、それはきっと自然に出てくるはず。

今日はどんな魔法をかけようか。

| | コメント (0)

2010年3月25日 (木)

ジョージ

午前中、都内にて用事を済ませた後、久し振りに吉祥寺へ。

春雨に濡れながら、最初に訪れたbase cafeで昼ごはん。

マクロビの料理を味わえるお店です。

マクロビというと、普段から「毒」に慣れ親しんだ舌には物足りない感がありますが、

こちらのランチは、味・量ともに食べ応え十分です。

ウチでも毎食玄米ごはんなのですが、この食感の違いに愕然coldsweats02

炊き方のコツ、教えて下さい。。。

その後、小匙舎みずたま雑貨店で昭和中期の湯呑みを購入。

2010_0325hibi0002

藍の濃淡がとても魅力的です。

他にも明治・大正・昭和・平成の器や海外の雑貨に癒されます。

お店番のみずたまさんとお話していると、なんと群馬にも雑貨店仲間がいらっしゃると。

今度遊びに行ってみます。

そして文具の36へ。

広くない店内は、悪天候にも関わらず人の波~~

文房具って、使わないのに、ついつい買っちゃうんですよね。

東京に住んでいた頃は、チョイチョイ行ってた吉祥寺。

でも、その頃と全く変わってなかったあの感じ。。。

今度は夜のハモニカをブラブラしたいな~cherryblossombeer

| | コメント (4)

2010年3月17日 (水)

待ちわびて・・・

Shouda_chair 昨年オーダー頂きました、Sさま邸のダイニングチェアが、座面の編み込みを待っています。

随分と待たせてしまったSさま、本当にゴメンナサイdespair

カッコイイ椅子に仕上げますからね!

2010_0317hibi0017 先日、オリジナルの焼印を作って頂きました。目立たないところに、そっと入れさせて頂きます。

なんて言うか、お客様に自信持ってお届けする証です。。。

作業を進めていると、お隣のユイちゃんが工房にやって来ました。

彼女は小学3年生。

「鍵を忘れて中に入れないの・・・」

しばらくヨカッタと遊んで貰いました。

ヨカッタはユイちゃんが大好きで、ユイちゃんもヨカッタが大好きだけど、ヨカッタのLOVEアタックheart04にタジタジ。。。

家族の帰りを待つユイちゃんは、やっぱり寂しそう・・・

ボクも鍵っ子だったから、その気持ち解るよ。

待つのも、待たせるのも、ツライっすよね。

2010_0317hibi0009 無防備すぎるよ、ヨカッタちゃんsleepy

ユイちゃんと遊んでる夢でも見てるのかな。。。

| | コメント (0)

2010年3月 6日 (土)

一緒に作る

2010_0306hibi0007 伊勢崎市・境下渕名の、Iさま邸完成見学会にテーブルを置かせて頂いてます。

(3/6・7・13・14 詳しくはタツホームさんブログにてご確認ください。)

Iさま邸には、ダイニングのテーブルとベンチを納める予定です。

その「脚」を製作して頂くのが、伊勢崎市のアイアン職人gambitさん。

最近、身近なところで「ものづくり」な人々にめぐりあいます。

そう、まさに「めぐり合う」んです。

「この人と一緒に仕事したいなぁ・・・」なんて思っていると、かなりの確立で、その人に出会えます。。。

それから仕事に結びつくには、これまたタイミングやら何やらイロイロあるのですが・・・

でも、とりあえず出会えたらラッキー!

徐々に、ずーずーしく接します(笑)

タツホームさんは、施主と一緒に家を作り上げる工務店。

gambitさんは「鉄」の事なら何でも相談OK。

作り手の顔が見えない買い物が主流なこの頃、ちょっと踏み込んで、ディープなものづくりに触れてみませんか?

| | コメント (0)

2010年3月 3日 (水)

オカシな二人

2010_0303hibi0005 古い友人からのオーダー。

パートナーとの新しい生活で使う「お椀」と「まな板」

洋菓子職人のYASUと、和菓子職人の旦那様が先日入籍しましたheart04

高崎市で洋菓子教室を主宰するYASUのは、お菓子のみならず、天然酵母のパンや料理、果ては木工にまで探究心あふれる「モノヅクリ馬鹿」の一人。

旦那様も、野菜を育てたり、自宅にお手製のピザ窯を作ってしまうなど、こちらもまた「モノヅクリ馬鹿」なのです。

2010_0303hibi0010

「お椀」は桜を削り出した木地に”クルミ油”を塗ったもの。

染みこんだクルミ油は木の目の中で固まって、器を保護します。

「まな板」はウォールナット、1枚板の木地仕上げ。

どちらも使い込む程に、切ないくらいの味わいが出てきます。

なんでも、二人の新居には憧れの薪ストーブもあるそうな・・・

それじゃぁ、たまにはみんなで飲み明かそうじゃないか。

焼きたてのパン、ワインにチーズ、それと・・・上等なアンコを肴に。。。

| | コメント (2)

2010年3月 2日 (火)

今月の目標

2010_0301hibi0018 ギャラリーのカレンダー、

月の数字が春色ピンクになりました。

なんだかんだと忙しく過ごしていると、つい見過ごしてしまう季節感。

今は庭の雑草の芽吹きに春を感じます。

(除草剤を使わない我が家では、あと数ヶ月でこの草々と格闘する事になるのですが・・・)

ありがたい事に、ご注文頂いた家具の材料発注に追われた先週。

週が明け、続々とその材料が工房に到着してきました。

最近では自然素材を多く使う材料も増え、また、その購入も随分簡単になりました。

信じられない話ですが、十数年前、ある問屋さんに板材の販売を断られた事がありました。

理由は「枚数が少ないから・・・」

今ではクリック一つで全国から、1枚単位で材木が届きます。

(当工房では、信頼の置ける材木問屋さんから仕入れております。)

ヘタをすれば、環境破壊に直接繋がってしまう「木工」ですが、造り手として、出来る限り”優しいものづくり”を心掛けます。

何より、ずーーーーーっと使って頂ける家具を造ります。

”初心忘るべからず”

・・・今月の目標。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »