« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

師弟のうつわ

2008_0930hibi0029 tuttycafeで使用されている木のうつわに惹かれ、近くに作者が居ることを聞いて、tuttyの母上に案内して頂き、訪れた「伊豆森林夢巧房研究所」

ご好意で、工房の見学も快諾して頂きました。

木工といっても幅広く、ウチでは見かけない機械や工具に少々興奮してしまいました。

次にギャラリー兼ショップにお邪魔すると、先に見ていた妻が、何やらお会計のご様子・・・

「お正月に買った、木のうつわの作者って誰だっけ?」と妻。「時松さん?」と、ボクが答えると、夢巧房の有城さんが「その方、ボクの師匠です・・・」と。

一同「えーーーーッ!?」

この時松さん、今年の日本クラフト展での大賞受賞者でして、そのクラフト展を見に行った折、一目惚れで購入したうつわの作者です。

まあ、この方の偉業はあちこちで検索できますので、ここでは詳しくご紹介しませんが。

聞けば、時松さんの指導の下、有城さんを中心に、こちらの夢巧房がスタートしたとの事です。

しかしまさか、この伊豆の地で、こんな出会いがあるとは。。。

繋がってるんですね~

そもそも、有城さんの作品に時松さんの作風を感じ取った妻に脱帽です。君、何者?

2008_0930hibi0030

左・時松氏 作  右・有城氏 作

| | コメント (0)

2008年9月27日 (土)

tuttycafe

竹林を抜けるとそこにtuttycafeTuttycafeはありました。

十数年振りの再会。

すっかり落ち着いた感のtuttyと、新婚のユタカさん。

今回はボクと妻と、友人のSちゃん同行。

皆で宿風呂に行き、早速ユタカさんとtutyが夕食の準備に取り掛かってくれました。

自分にも他人にも優しい食事。2008_0926hibi0019_2

tuttyの味に、ユタカさんが惚れ込んだのだと、ご本人から聞きました。

今宵のメインはユタカさんのパスタ。

2008_0926hibi0023 優しい、やさしい味でした。。。

縁側での夕食は、焼酎と共に更けていきました。

翌朝、掃除や野菜の収穫、薪割りなどをお手伝い。

2008_0926hibi0033_22008_0926hibi0054_2 この日は月に2回の「ユタカフェ」でした。

朝採った野菜がパスタに入っていて、他のお客様の食事を眺めながら「それ、ボクたちが今朝採ったんです!」と心でつぶやき、とても嬉しい一時でした。

お客様が次々にやってくるなか、再会を約束して、tuttycafeを後にしました。

とても穏やかで、優しい時間を過ごしました。

この後立ち寄った木の器屋さんでの奇跡は、また後ほど・・・

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火)

ダイヤルの向こう。

2008_0915hibi0026 昨日は無事納品できました。

真新しい部屋の、一番気持ちイイ場所に陣取りです。

その後ギャラリーで見積作業。

2008_0916hibi0001_2 先日の桐生骨董市で買った「黒電話」。工房からは聞こえないのですが、ギャラリーに居ると2階で鳴り響きます。

なんとも懐かしい音色。。。

そしてこのダイヤルの先は「光ファイバー通信」なんです。

昭和の代表みたいな顔した電話が「光」で繋がってるなんて、ちょっと可笑しいです。

デジタル化競争の中、何食わぬ顔でどっこい生きてるアナログなヒトやモノ。

また、「心地よい空間」に一歩近づきました。

| | コメント (0)

2008年9月14日 (日)

宝箱

2008_0914hibi0019 Aさんよりご注文のWORK DESKセットが仕上がりました。

タモの杢目が綺麗です。

チェストにはウォールナット・メイプル・ナラを使い、イロトリドリの森の様です。。。

明日の納品、晴れるといいなぁ。

子供の頃、机は秘密基地であり、抽斗は宝箱でした。

先日実家に帰ったときに、自分の抽斗を開けてみました(ハンダゴテを探して)

動かない腕時計、BOΦWYのカセットテープ、何を写したかったのか判らない写真・・・

結局目当てのものは見つかりませんでしたが、懐かしい友人からの手紙を見つけ、青かった頃の真っ直ぐさに少々気恥ずかしくなりました。(修行先・スイスからの便り。彼は今、フレンチレストランのオーナーシェフです)

さて、Aさんのお子様はどんな「宝物」を増やしていくのでしょうか。。。

| | コメント (0)

2008年9月12日 (金)

この一手間で・・・

Hikidashi_1_2 Hikidashi_2 こちら「WORK DESK」の本体内部です。

外観はシンプルなデザインですが、抽斗のカラクリには工夫を凝らします。

可動部は木桟を使用しますが「スライドレールよりも軽い動き」と自負しております。

製作する季節によって抽斗のクリアランスを変えたり(特に桐材は湿気を含み易いので)その他木の伸縮に対応出来る仕掛けは、先人達の研究のお陰です。

Sumiki_1 そして、家具の要とも言える部材がこの「隅木」です。

一見、全体の中で「おまけ」の様な佇まいですが、この隅木の有無で家具の強度は大きく変わります。

この隅木が入った事で、WORK DESKは「HARD WORK DESK」になりました。。。

| | コメント (0)

2008年9月 3日 (水)

時々、風と話してた

Photo_2 この本に影響され、バイクの免許を取った20歳。

Photo_3 愛車、SR400との旅は今でも宝物です。

単車乗りとは大抵夢追人で、あの頃一緒に走った友もそうでした。

「自分探し」・・・

2008_0903hibi0065 あれから十数年、ボクは今、家具を作っています。

皮肉なもので、それはバイクを降りてから辿り着いた場所。。。

そして、あの頃一緒に走ったtutty。

彼女はずっと旅を続け、この春、自分の居場所を見つけ、夏にはいとしのダーリンにめぐり会いました。

彼女の店、伊豆修善寺・tutty cafeに、今月遊びに行って来ます。

・・・四輪ですが・・・

ご近所のOさん、最近50歳を過ぎてハーレー乗りになりました。

聴こえてくるアイドリングに、心がザワザワする今日この頃です。。。

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »