« ちょっとずつ。 | トップページ | ワークショップのお知らせ »

2008年6月 1日 (日)

施工ミス!

恋する、不器用なツバメは何故、あんな場所に巣を作ってしまったのか・・・Photo

工房の照明コードに巣作りを始めたツバメは、いつの間にか産卵をしていました。

しかし、その事実を知ったのは、残念ながら床に落ちて割れた小さな卵を発見したからです・・・

毎日1つ、合計4つの卵が落下してしまいました。

もともと不安定な場所に作った巣なので、その落下が事故なのか故意なのかは定かではありません。

それに、あくまでもこれは自然界での出来事です。

人間が手出しする事では無い!

と、自分に言い聞かせましたが、すぐ頭上での出来事。。。作業も落ち着かず、母ツバメが外出した隙に脚立を登って巣の中を拝見。

すると、たった1つ、小さな卵が残っているではないですか!!

急いで水切り籠を保護ネット代わりに、巣の下に設置。巣も安定しました。

戻った母ツバメは、警戒している様で巣に近づきません。

数時間が経ち、天井を見ると母ツバメの姿はありません。

やはり余計な事をしたかと思い、保護ネットを外そうとしたとき、見えたんです、尻尾が!

今までは巣が不安定なせいで、母ツバメが卵を温めようとすると巣が傾き、卵は落下してしまっていた様です。今度は母ツバメもすっぽりと巣に篭り、卵を温める事が出来るようです。

1つ残った命の卵、無事かえるかどうかは判りません。。。しかし雛鳥の鳴き声が工房に響く日を待ち望みます。

|

« ちょっとずつ。 | トップページ | ワークショップのお知らせ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっとずつ。 | トップページ | ワークショップのお知らせ »