« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

木の箸・木の匙 3

Hashi 本日、ワークショップ「木の箸・木の匙」最終日でした。

午前の部に、以前キッチンのご注文を頂いたTさんと、神奈川から遊びに来られたお友達が参加して下さいました。

Tさんは前々回のklartでのワークショップで、カッティングボードを製作されました。

その時覚えたカンナ使いが今日も炸裂!

独り淡々と木を削る姿は、まさに職人気質。。。(なんと2時間で3膳・・・暫定王者です!)

お友達も初めてとは思えない仕上がりです。Hashi_nh Hashi_nk Hashi_tk                                 

午後の部にお越し頂いた、古道具すずきさん家族、建具屋のしげちゃん家族。

子供達も、初めてのナイフや彫刻刀に臆することなく一生懸命削りました。(やっぱり、いまどきpencilをナイフで削れる子供って珍しいんでしょうね~)

午後5時、無事終了。。。。

大人も子供も、削って削って削り倒した3日間でした。参加して頂いた皆様に感謝!

そして、シフォンケーキを提供してくれたIさん、ホント美味しかったです!

今回ワークショップで使用した彫刻刀・鑿・切り出しナイフは、こんなに素敵な木の小道具を生み出しました。

しかし先日、秋葉原での事件でも「ナイフ」が使われました。彼がものづくりの喜びを知っていれば・・・なんて考えてしまいます。

凶器にも、便利な道具にもなる刃物、皆さん、ちゃんと使えますか?

ワークショップ終了後、「また、何か作りたい!」という声をたくさん頂きました。

自分の手からモノが生まれる瞬間、みんながちょっぴり幸せを感じてくれたと、ボクは信じます。

残念ながら今回ご参加頂けなかった方も、是非次の機会にお越しください。

Deep Breathは、毎日コツコツ何かを創っております。

いつでも覗いてみてください。。。

| | コメント (0)

2008年6月28日 (土)

木の箸・木の匙 2

Work_shop_1 Work_shop_2 ワークショップ2日目、そらまめさんと、そのお姉さまです。

そらまめさんは昨年と昨日のklartでのワークショップに続き連続出場中です。

さすがご姉妹、どちらも器用な削りっぷりでした。

今日のワークショップで、手作りの可能性を実感された様で、次回作の構想がモリモリ湧いてきたそうです。

こうして手作りの素晴らしさを少しでも伝える事が出来たら、本日も大成功です!

お二人の力作を御覧ください。

Work_shop_3_2 Work_shop_4

終了後、シェルフの納品に。

あぁ・・2ヶ月前のご注文・・・

Green_shelf

| | コメント (0)

2008年6月27日 (金)

木の箸・木の匙

Ws Ws_tokki_2 今日から3日間、当店ギャラリーにて、ワークショップ「木の箸・木の匙作り」が始まりました。

初日の今日、tokkiさんと、お友達の中井寿さんが来てくれました。

箸と匙の両方を製作中!

出来上がりは後ほどご紹介します。

日頃からものづくりを楽しんでいるお二人、いつもと違う素材に戸惑いながらも、個性的な仕上がり具合です。

さて、何を召し上がるのでしょうか・・・

明日も、モノヅクリの虜たちがお見えになります。

どんな作品が生まれるか、とても楽しみです。。。

最近、8年間愛用したデジカメが使えなくなりました・・・当時の最新モデルで画素数370万。いまどき、mobilephoneカメラの方が画質良いみたい。

と、いうことで修理は諦め、本日、初ジャパネット!  画素数1200万、5回分割、もちろん金利・手数料はジャパネット負担!!!

いま暫く、ブログの写真画質悪いですがご容赦ください。

| | コメント (0)

2008年6月22日 (日)

朝までキャビネット。

Photo Photo_2 前日のklartさんでのワークショップ後、キャビネットの製作に戻りました。

お客様のお友達が製作したステンドグラスを扉に嵌め込んで出来上がり!

気が付けば午前4時・・・空が明るくなってきました。

後はワックスを塗って、いざ納品です。

| | コメント (0)

2008年6月20日 (金)

ワークショップ in klart

今日・明日の夜、前橋のklartにて木工ワークショップ開催です。

お陰様で両日定員fullだそうで。

今回は木のトレーを作ります。

作業終了後、このトレーでお菓子を頂く予定。。。

Wood 同時刻、別のテーブルで「みつろうキャンドル作り」も開催するそうです。

明日は夏至、キャンドルナイトでちょっとエコロジーnight

| | コメント (0)

2008年6月18日 (水)

初体験

St330096 St330099

先日のワークショップ「蜻蛉玉製作」の成果です。

この写真のものは参加して頂いた、SさんとMさんの作品です。

田沼先生が、皮紐でアクセサリーに仕上てくれました。

普段は病院で看護のお仕事をされているお二人、もちろん蜻蛉玉作りは初体験です。しかしこの出来栄えshine

ボクも作らせてもらったのですが・・・また今度coldsweats01

ものづくりに目覚めたお二人、早速月末の「木のカトラリー製作」の参加予約頂きました。

ものづくりの楽しさ、難しさ、そんなことを少しでも感じて頂けたならこのワークショップは大成功です。

| | コメント (0)

2008年6月15日 (日)

始まりました!

Photo Photo_2 Photo_3 いよいよワークショップ開始です。

やや緊張ぎみのお二人・・・

始めに好きな色のガラス棒をチョイス。

いよいよバーナーで炙っていきます。

スピード勝負で、手を止められません!

しかし、初めてとは思えないくらい、とても丸く仕上がった様です。

灰の中でゆっくりと冷まします。

そうこうしている間に、みなさん2個目に挑戦中ですhappy01

Photo

| | コメント (0)

ワークショップ・初日です。

Tombo sun本日、工房・空さんによるワークショップ「トンボ玉製作」初日です。

午後の部(14:00~16:00)、若干名さま当日参加OKです。

是非、当店ギャラリーにお越し下さい!

| | コメント (2)

2008年6月10日 (火)

新顔

Photo 新しく、オープンシェルフがギャラリーに登場です!

棚部分はトレーになっていて取り外し可能です。

パンが焼けたら、トレーごと棚にセット。いつもの部屋でパン屋さんbreadPhoto_2 2  などなど・・・

棚はガラスや木板にも変えられます。

W900 D350 H1800

本体:パイン材/塗装仕上げ¥48,000(5段)

トレー:杉材/自然古木(1台)¥5,000

木棚板:杉材/自然古木(1枚)¥3,000

ガラス棚板/クリアガラス 厚5mm(1枚)¥3,000

※ギャラリーのもので合計¥68,000(税込¥71,400)

サイズその他仕様は特注承ります。ご自宅や店舗など、幅広くお使い頂けます。Zakka

| | コメント (0)

2008年6月 9日 (月)

ワークショップ・御予約状況

6/27~29日の当店でのワークショップ、「木のカトラリー製作」の御予約を頂きました。

6/27(金)午後の部、6/28(土)午前の部、6/29(日)午後の部が若干空いております。

木に触れて、優しい気持ちになってみませんか?

| | コメント (0)

2008年6月 2日 (月)

ワークショップのお知らせ

6月15(日)~6月20(金)、「工房・空(くう)」のバーナーワーク・「トンボ玉作り」のワークショップを、当店ギャラリーにて開催致します!

色とりどりのガラス棒をガスバーナーで炙りながらビーズ状に仕上て行きます。

6/15(日)~20(金) 午前の部 10:00~12:00 / 午後の部 14:00~16:00 

参加費・¥2,000(お茶とお菓子付happy01

お一人様でもお気軽にご参加下さい! お申し込み先着優先(参加者多数の場合、日時の変更をお願いするかもしれません・・・)

他に、Deep Breathのワークショップ {6/27(金)~29(日)10:00~12:00}

   ◎「自分で削った箸・匙で食す!」

       ・木のカトラリー製作と使い心地の検証(せっかくですから、何か食べましょ!)

参加費¥2,000(材料費+うまいもの込み)

を予定してます。

準備の都合上、どちらも完全予約制です。お早めにお申し込み下さい。

お申し込み・お問い合わせは、このページ左上「メール送信」からお願い致します。

   

| | コメント (1)

2008年6月 1日 (日)

施工ミス!

恋する、不器用なツバメは何故、あんな場所に巣を作ってしまったのか・・・Photo

工房の照明コードに巣作りを始めたツバメは、いつの間にか産卵をしていました。

しかし、その事実を知ったのは、残念ながら床に落ちて割れた小さな卵を発見したからです・・・

毎日1つ、合計4つの卵が落下してしまいました。

もともと不安定な場所に作った巣なので、その落下が事故なのか故意なのかは定かではありません。

それに、あくまでもこれは自然界での出来事です。

人間が手出しする事では無い!

と、自分に言い聞かせましたが、すぐ頭上での出来事。。。作業も落ち着かず、母ツバメが外出した隙に脚立を登って巣の中を拝見。

すると、たった1つ、小さな卵が残っているではないですか!!

急いで水切り籠を保護ネット代わりに、巣の下に設置。巣も安定しました。

戻った母ツバメは、警戒している様で巣に近づきません。

数時間が経ち、天井を見ると母ツバメの姿はありません。

やはり余計な事をしたかと思い、保護ネットを外そうとしたとき、見えたんです、尻尾が!

今までは巣が不安定なせいで、母ツバメが卵を温めようとすると巣が傾き、卵は落下してしまっていた様です。今度は母ツバメもすっぽりと巣に篭り、卵を温める事が出来るようです。

1つ残った命の卵、無事かえるかどうかは判りません。。。しかし雛鳥の鳴き声が工房に響く日を待ち望みます。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »